翻訳 en中国語(簡体)中国語(繁体)韓国語ベトナム語
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック

SBC湘南美容外科

  • 0120-376-300

SBC湘南美容外科

施術一覧
お悩み別一覧
料金一覧
ドクター紹介
フォトギャラリー
体験談
モニター募集
クリニック案内
今月のおすすめ治療
BNLS
ボトックス
ワキボトックス
医療脱毛VIO

最近疲れやすくなった。

肌のハリやツヤが無くなった気がする。

昔の自分に戻りたいと感じている。

運動能力の低下を感じる。

小さなことでもイライラしてしまう。

顔のシワやたるみが気になっている。

成長ホルモンとは??

ホルモンは、体の中でつくられている物質で、
体の様々な機能をコントロールするという役割
があります。

その中でも成長ホルモンは、幼少期からの“身長
を伸ばすホルモン”等の、成長に関わるホルモン
としてよく知られています。
また、成長ホルモンにはもう1つ重要な役割があ
り、それは、体にある物質をエネルギーとして
使える物質に変えていく働きで、新陳代謝がこれ
に当たります。

成長ホルモンは生涯にわたって下垂体から分泌
されるものですが、加齢とともに分泌が低下す
る場合があります。 成長ホルモンの分泌が低下
すると以下のようなことが起こり得ます。

成長ホルモン療法で美しく?
成長ホルモンが、体内の様々な機能に
影響を与えているため、分泌低下する
とその症状にも大きく影響があります。

「成長ホルモン療法」は、分泌低下に
より不足している成長ホルモンを、
直接注射することで補うことで、
様々な症状を改善していくことが
可能な治療です。

特に女性は、成長ホルモンの分泌低下
による肌の不調や、髪の毛の美しさ、
バストのハリなど美容に関わる面で
たくさんの効果を期待することができる
画期的な治療方法です。
皮膚
筋肉脂肪
性的機能改善
感情

体験談動画

成長ホルモン療法 動画体験談
NEW笠井 敬一郎医師
NEW古澤雅史医師
NEW本間重行医師
手軽で簡単に注射できます。
成長ホルモン療法は、インスリン注射のように自宅でご自身で注射していただく治療です
。成長ホルモン療法で使う注射器は、患者さんご自身が簡便的に操作できる(ペン型タイ
プ)のもので、使用方法については湘南美容外科スタッフがしっかり説明させていただき
ます。
注射方法も皮下注射と言って、血管内注射や筋肉注射のように難しくありません。誰にで
も簡単に注射できるものなので安心して使用いただけます。
効果的に注射することで成長ホルモンの効果を最大限に!
体内に入った成長ホルモンは、毛細血管から静脈に入り、数時間で最高値に達し、翌日に
は体内から消えています。これは注射によって生理的なパターンをつくることが必要で、
そのためにドクターの指示に従って毎日、注射する必要があり、それが効果的な治療
と言えます。
注射する時間帯としては、小児は身長を伸ばすのが目的のため就寝前に打つことで睡眠中
の成長ホルモン分泌を補充しますが、成人は日中体内の成長ホルモン分泌がさがるため、
日中に補充することで仕事・運動など日中の活動をアクティブに過ごすことができます。
朝起きたとき・出勤前・運動前などの活動前の注射がより効果的です。
男女問わず施術可能、定期検査も実施
成長ホルモン療法なので女性はもちろん、男性にも施術いただけるのがこの治療の特徴で
す。
さらに定期的に検査も実施し安全面も考慮。治療全体流れとしては、治療をスタートし、
初回は1か月分処方いたします。以降検査により問題なければ3~6ヶ月まとめて処方す
ることができます。約半年に1回のペースで採血を行います。
老化の根本へアプローチ
加齢とともに、体力が低下したり、肌のハリ
や潤いが失われて行くことに、成長ホルモン
は大きな影響を与えていることがわかります。

若々しさを保つために、運動をしている、ヨ
ガを始めた、など様々なことに挑戦している
方は少なくないでしょう。

ですが、老化のダイレクトな要因としてあげ
られる成長ホルモンの分泌低下。これを補う
ことができれば更に大きな効果が得られるの
ではないでしょうか。
美容のプロ集団ドクターやカウンセラーが本気でサポート
湘南美容外科クリニックの「成長ホルモン療法」は患者様ご自身で成長ホルモン
を注射し、しっかり定期検査で血液検査等を行うことで、男女問わず、若々しい
自分を取り戻していただく治療です。

若々しいお肌や身体的な効果以外にも、成長ホルモンは精神面にも影響を与える
ため物事に対しても「やる気」が出たり、「イライラ」が減ったりということも
期待できます。
Q 成長ホルモン療法の年齢制限などはありますか?
A 年齢による制限は特にありません。ですが、悪性腫瘍(がんなど)で治療
中の方や糖尿病の方は成長ホルモンにより症状を進行することがありますので、
治療を受けることはできません。
Q 自分で注射を打った経験がありません。大丈夫でしょうか?
A 問題ありません。非常に細い針のため痛みもほとんどなく、簡単にできる
注射です。説明もしっかりさせていただきますのでご安心ください。
Q 考えられる副作用を教えてください。
A 浮腫、手根管症候群、インシュリンに対する反応のわずかな低下、血圧の
わずかな上昇、頭痛と視神経の腫 脹を伴う高血圧、甲状腺ホルモン生成の低下
が起こることがあります。
Q 注射する部位はどこですか?
A 上腕部、大腿部、腹部、臀部が注射可能な部位です。上腕部の具体的な箇所
どのあたり・・・といった具体的な箇所はしっかり説明させていただきますの
で、ご安心ください。
禁忌
以下にあてはまる方はアンチエイジング成長ホルモン療法を受けることができません。あらかじめご了承下さい。
  • 妊娠中、授乳中の方
  • 糖尿病の方
  • 肝臓疾患(B型肝炎、C型肝炎等)の方
  • 自己免疫性疾患の方
  • 膠原病(RA、SLE等)の方
  • 内分泌系疾患(甲状腺・下垂体等)の方
  • 癌治療中、治療後の方
  • 血液系疾患(白血病・多血症・MM等)の方
成長ホルモン1本(10mg)、アルコール綿、
ペン型専用注射針(例:太さ0.23mm、長さ4mm)1ヶ月分、 自己注射指導料などを含みます。
(3ヶ月毎に1回、血液検査代金として10,800円(税込)がかかります)
(初回のみ ペン型注射器の購入費用 5,400円(税込)がかかります)
対応可能なクリニック
西新宿整形外科クリニック
東京都新宿区西新宿 7-21-3 西新宿大京ビル7階
・西新宿駅より 徒歩2分
・新宿駅より 徒歩7分
・都庁前駅より 徒歩7分
0120-962-992
湘南メディカルクリニック大阪院
大阪市北区曾根崎新地1-4-12 桜橋プラザビル6F
・JR大阪駅 桜橋出口徒歩5分
0120-719-600
ドクター紹介

西新宿整形外科クリニック 院長
斎藤 まい 医師

2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
医療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科クリニック

湘南メディカルクリニック大阪院 院長
斎藤 浩一 医師

1994 年 三重大学医学部卒業、同付属病院脳神経外科入局
2001 年 大手美容外科勤務、院長職
2009 年 湘南美容外科勤務
2016 年 湘南メディカルクリニック大阪院 院長
カウンセリング予約フォーム
1. あなたのプロフィール
氏名
ふりがな
メールアドレス
確認用メールアドレス メールアドレスの確認用に、再度ご入力下さい。堺病院

※半角英数字でご入力下さい。
性別
年齢
都道府県

2. ご希望の日時・時間・内容
ご希望のクリニック
ご希望日時 あなたのご希望日時を、以下よりお選び下さい。
※ドクターの都合によりご希望に合わない場合もございます。 予めご了承下さい。
※第1~第3までのご希望日時は重ならない様、お願い致します。
※近日中にカウンセリングをご希望の方は、お電話でご予約下さい。
第1ご希望日時
時頃
第2ご希望日時
時頃
第3ご希望日時
時頃
連絡用電話番号(携帯可)
※半角数字でご入力下さい。
※当院より、予約確認のお電話をさせて頂く場合がございます。ツ黴€
ご自宅に電話差し上げる際は、クリニック名は出さずに各カウンセラーの個人名にてご連絡をいたします。
補足 その他、ご希望があればご自由にお書き下さい。
※こちらは任意項目です。
メール配信 当院からのニュースレターや、お得な情報メールの配信を希望しますか?

カウンセリング予約に当たっての注意事項

■ご予約お申し込みには、個人情報の入力が必要となります。
■いただいた個人情報を使用して、営業の連絡等をすることは一切ありませんのでご安心下さい。
■予約フォームはSSL暗号化通信に対応しています。送信内容を第三者に読み取られることはありません。
■ご予約いただいた場合でも、診療の内容や順番によっては、多少お待ちいただくことがございます。
■その時間に診療することをお約束するものではございませんので、何卒ご了承ください。
以下の既往歴がある方、以下の薬剤使用中の方、高齢(70歳を越える)の方、妊婦さん、授乳中である方は、処置や手術をお断りすることがあります。あらかじめ、ご了承ください。

◎既往歴
高血圧、糖尿病、喘息、てんかん、高度肥満(BMI30以上)、心臓病、
脳疾患、精神科疾患、膠原病、呼吸器疾患、腎機能障害、肝機能障害、血液疾患
◎薬剤使用中
ステロイド、免疫抑制剤、抗凝固剤・抗血小板剤など(血液をサラサラにする薬)

※ドメイン指定受信を設定されている方は、
【@sbc.or.jp】からの受信をできるよう設定願います。


上記の内容に同意し、カウンセリング予約をする。

 

 

Copyrightc Shonan Beauty Clinic All Rights Reserved.